close
世界一の知名度を誇る腕時計ブランド「ロレックス」。オメガやタグホイヤーを凌いで、常に欲しい腕時計不動の1位に君臨しています。
多くのお客様からお問い合わせでいただくのが、「ロレックスの中で一番人気があるモデルってどれ?」というもの!
そこでこの記事では、当店の2019年上半期の売上データを集計し、ロレックスの中で最も売上高/売上本数が高かったモデルをご紹介いたします。
デイトナ、サブマリーナ、エクスプローラー、GMTマスター・・・
たくさんの人気シリーズを抱えるロレックスの中で。1位に輝いたモデルとは?
019年上半期の売上高第1位、それは、2016年3月のバーゼルワールドにて発表されたデイトナの最新モデル116500LNです!
誕生以来、飛ぶ鳥を落とす勢いで売れ続け、2017年・2018年と当店のロレックス売上高2年連続NO.1に輝いてきました。
スペック自体は旧作116520とほぼ同等の性能ですが、大きく変わったのはデザインです。
もともとデイトナは「ロレックス唯一のクロノグラフモデル」として、常にプレミア価格で相場が推移するほどの人気を誇ってきましたが、最新モデルの116500LNではベゼルがステンレスから傷つきづらいセラクロムに変更され、高級感がさらに増しました。
加えてホワイトダイアルはインダイアルの縁取りがシルバーからブラックに変更にされ、コントラストが明確になっています。
旧作では黒文字盤モデルの方に人気が集まっていましたが、新作ではデザイン変更によりスタイリッシュさが増した白文字盤モデルが大人気です。
ちなみに新作型番116500LNの「LN」はLunette Noirの頭文字をとった言葉であり、フランス語で黒いベゼルという意味を持ちます。
この変化がデイトナの人気を大きく押し上げる要因となり、大躍進に繋がりました。
搭載ムーブメントは旧作と同じく自動巻きクロノグラフCal.4130。9時位置に12時間積算計、3時位置に30分積算計、6時位置にスモールセコンドというデイトナらしい横目配置の設計となっています。
 
 
arrow
arrow
    全站熱搜

    wekde564 發表在 痞客邦 留言(1) 人氣()